「葛飾区の公共施設の利用の仕方」

「葛飾区の公共施設の利用」
空手を教わりに行ってますが、先日、公共施設を利用して空手の稽古をする日でコロナの状況でどのように施設を利用するか役所の人が来て指導してくれた。
・住所、氏名、連絡先の記載
・マスクの着用での使用
・出入りの際の消毒の徹底
・人と人の距離を測り床にテープを張る
・荷物は床に置かないで椅子に置く
・ストレッチはしない (子供たちは柔らかいので顔が床につくため)


など

道場側としても、
・気合の声は出さない
・組み手はしない
・子供たちは稽古に気合が入ってくると距離が バラバラになるので椅子を使い距離を保たせる


など他にもあるが工夫をされていた。

区側は、これらを守っていただかないと使えなくなってしまうので守ってください、
としっかりと脅しをかけてくれた(笑)


これは、良い脅しだと思う(笑)

都や国は漠然としかガイドラインを出してないが、このように細かく出してもらえば道場側であったり、いろいろな業種は助かるはず。
私自身は、換気、消毒などいろいろ自分自身で対策はしている。もともと行政の対応は遅いと思っているから自分で考えるようにしている。
まだまだ、また新しく変えていくことになるだろう。


日々、気をつけて、よりよい環境を考えるべきだろうm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です