長年の腰痛

おはようございます。 腰痛ハンターです!(^^)!

腰痛で悩まされている50歳代の男性の患者様がいらっしゃいました。 話を伺うと、30歳のころに交通事故で腰椎骨折と大腿骨の骨折で手術をしたそうです。それ以来寒くなると腰が痛くなり手術のせいだからしょうがないと思って過ごしていたそうです。 ここ2,3年は夏場も痛くなることがしばしばあり時折治療を受けていたようですが、特にここ最近の寒さではかなり痛みが出るようでお友達にうちの話を聞いて来院されました。

いくつか検査をしてみると、多少腰椎の変形を伴っていますが大手術の割には身体もしっかりとしていました。普段気をつけてトレーニングをしているようです。ただ、バランスの悪い箇所がありそこが痛みの原因に影響が出ていそうでした。 ある程度身体をほぐしてみると大体痛みは取れて座ったり立ったり小走りもできるようになって久々に身体がすっきりしたと喜んでいただけました。後ろへ反るのは問題ないんですが、前屈をする際に若干の痛みがありこれが少々残ってしまいました。

ただ、いっぺんにとると長年のつけなので初回はこのままでお帰りいただき自宅でストレッチをしていただいていました。1週間後にお越しいただいた2回目は、やはり前屈の痛みは若干残っていましたが、日常生活はほとんど問題なく生活できるとお話をいただきこちらも一安心でした。 再度調整をしてみると今度は前屈の痛みも完全になくなりどの動きをしても問題なくなりました。
エクササイズとしては普段しているトレーニングを変えていただきインナーを鍛える筋トレを追加してもらいもう一度お越しいただく事で2回目も終了しました。 3回目は、どんな状態でお越しいただけるか(^^)/ またご報告いたしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

脱水からの腰痛